借地権付き住宅のメリット

こちらの借地権付き住宅には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、借地権付き住宅のメリットとして、古くからの旧法借地権の場合には、借主は法律に守られている状態になりますので、正当な事由がない限り、半永久的に済むことができるということが大きなメリットです。
借地権というと、借家のようなイメージを持っている方もいると思いますが、実はそうではなく、半永久的に住みつづけることができるのです。

また、借地権付き住宅の場合には、価格なども購入する場合と比べて安くなりますので、不動産購入の費用を安く抑えることができるのです。
さらに、借地権付き住宅の場合、所有権はあくまでも地主にありますので、借地権を取得したとしても、土地の取得税などの税金は発生しません。
このため、購入時に比べるとこれらの諸費用を安く抑えることができます。
その上、土地の固定資産税や、都市計画税などの負担もありませんので、これらの税金を支払う必要がありません。

税金を負担するのは地主であり、これらの納税義務がないというのも、大きなメリットです。
また、見た目も所有物件と変わらないことが多く、古くからの土地は良い立地にあることも多いので、住む上でも快適であることも多いのです。

Published by